症状

鼻腔・咽頭・喉頭・扁桃などの上気道に急性炎症が起こる病気の総称で、普通感冒ともいいます。鼻汁、のどの痛み、咳、痰、頭痛、発熱などの症状をはじめ、全身の倦怠感、筋肉痛、関節痛や嘔吐・下痢などの消化器症状をともなうこともあります。体力が低下していなければ、1週間程度で自然に回復します。

原因

手についた病原体が鼻や口から侵入し、上気道に付着して感染すると発症します。ほとんどはウイルスの感染によるもので、代表的なウイルスの種類には、ライノウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルスなどがあります。

ウイルスのほかに、溶血性連鎖球菌や肺炎球菌などの細菌が原因となる場合もあります。ウイルス性感染と比べ、細菌性感染のほうが症状が重く、病気が長引いたり、こじらせて肺炎を併発することもあります。

治療法

細菌性の場合は、抗菌薬の服用が効果的ですが、ウイルス性の場合は病原ウイルスに直接作用する薬がないため、対処療法に頼るしかありません。高熱が出ている場合は解熱薬、頭やのどの痛みには鎮痛薬が効きます。

かぜを治す最善の方法は、安静にし、保温・保湿、水分補給、消化の良い食事による栄養補給を心がけることです。かぜの予防には、帰宅時のうがいと手洗いを習慣づけることがいちばんです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter