症状

頸動脈や脳の太い血管が詰まり、血流が途絶えてできた大きめの梗塞です。

詰まる部分によって症状も異なります。まひなどの運動障害やしびれなどの感覚障害、意識障害、失語(思うように話せない、他人の話が理解できない)、失行(状況に合わない行動をとる)、失認(左右の区別がつかなくなったり、体の部分の名前がわからなくなる)などの症状が現れます。

血管が徐々に詰まっていくタイプでは、症状が数時間から数日にわたって段階的に進みます。

原因

血液中のコレステロールなどが増えると、動脈の内壁に沈着して、粥状のコブになってきます。この状態をアテローム硬化(粥状硬化)といいます。

アテローム硬化が進むと血管の内壁が傷つき、それを修復するために血小板が集まってきて血栓をつくります。この血栓が血管を詰まらせ、血流障害を引き起こします。

アテローム硬化を生じさせる危険因子としては、喫煙、高血圧、脂質異常症、糖尿病などがあげられます。

治療法

血管が詰まることで、血流が停滞して、新たな血栓がつくられやすくなります。それを防ぐために、血液の凝固作用(血が固まろうとする働き)を抑制する抗凝固薬が用いられます。それと併せて、脳のむくみをとり、脳組織へのダメージをできるだけ抑える治療が行われます。

症状が安定したあとは、再発予防のために、血栓がつくられるのを防ぐ抗血小板薬を服用します。それに加えて、血栓除去手術や、カテーテルを用いた血管拡張手術、頭皮の動脈から脳動脈へ血液を流す血管吻合手術などの外科的治療が行われることもあります。