症状

幼児から学童期にかけて起きる病気です。咽頭扁桃の肥大によって息が詰まり、口呼吸になります。

そのため、いびきが激しくなり、滲出性中耳炎や副鼻腔炎などを誘発しやすくなります。

治療法

炎症があるときは抗菌薬を使います。症状が重くなければ、とくに治療は行いません。

口呼吸、睡眠時無呼吸、治りにくい滲出性中耳炎、何度も繰り返す上気道炎など、合併症をひんぱんに起こす場合は切除します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter