症状

目のかゆみ、目やに、充血、まぶしさを感じる、涙が止まらないなどの症状があり、春季だけ起こる季節的なものと、季節を問わない通年性のものがあります。

アレルギー性結膜炎の重症型である春季カタルには、大きく分けて2つのタイプがあります。1つは、まぶたの裏側にボコボコとした乳頭増殖があり、異物感がある眼瞼型です。もう1つは、結膜と角膜の境目にコブ状のものができる輪部型です。両方がみられる混合型もあります。

原因

スギ科やイネ科などの花粉、動物の毛、ハウスダストとそこに含まれるダニやカビがアレルゲンとして知られています。重くなると視力が低下するケースもあるので、早めに治療をすることが大切です。

治療法

アレルゲンを避けることが第一です。ただし、日常生活のなかで完全にシャットアウトすることは不可能ですから、できるかぎり室内を清潔にして、ほこりやカビがたまらないようにします。

アレルギー性結膜炎や春季カタルを繰り返している人は、症状が現れる前に抗アレルギー薬の点眼薬を使っていると、軽くてすみます。