症状

発熱と乾性の咳が主な症状で、とくに咳が長期間続くのが特徴です。

原因

クラミジア・ニューモニエという微生物が病原菌です。保菌者から飛沫感染して起こる肺炎で、子どもや若い人に多くみられます。感染してから3〜4週間の潜伏期間を経て発症します。

治療法

抗菌薬の服用で軽快します。重症化することはありません。ただし、服薬を自己判断で中止したりすると、再発しやすくなります。医師から処方された薬は、指示どおりに服用しましょう。