症状

さまざまな臓器に肉芽腫を形成する病気ですが、比較的良性で、8割は自然治癒します。目の症状(かすむ、まぶしい)、皮疹、肺の症状(咳、息切れ)などがみられますが、自覚症状がなく、健診で発見されることがあります。

原因

感染性、あるいは自己免疫異常の関与も疑われていますが、詳細はわかっていません。

治療法

通常は無治療で経過観察を行います。症状が重いケースでは、ステロイド薬を用います。