症状

脳動脈は太い血管から細い血管へと枝分かれしていますが、その最先端のごく細い血管が詰まってできた小さめの梗塞です。細い血管に支配されている狹い領域にできる病巣なので、軽い症状ですむことが多いようです。

顔面や手足のしびれ、軽いまひなどが起こりますが、言語障害や視覚障害、重篤な意識障害におちいることはあまりありません。

きわめて小さな梗塞であれば、自覚症状がなく、これを無症候性脳梗塞と呼んでいます。

原因

脳の内部を走っている微細な動脈に、硝子化や血管壊死が起きたり、小さなアテロームができたりして血流が悪くなるもので、高血圧が最大の原因です。

治療法

血圧の管理が治療の基本です。

血栓を予防するための抗血小板薬が用いられることもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter