症状

遺伝的に筋肉そのものに障害があるために、筋肉の運動に支障が起こる病気の総称です。出生時から症状がみられるもの、小児期に発症するもの、成人してから発症するものがあります。

1歳未満で死亡する重度の病型、進行性の病型、歩行開始が送れる病型、成人になるまでに社会生活が送れる病型など、いくつかのタイプに分けられます。どの病型かは精密検査で診断がつきます。

原因

遺伝性の病気ですが、遺伝形式はさまざまです。

治療法

発症の仕組みが詳細に解明されていないため、治療法も確立されていません。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter