症状

全身の皮膚、血管、関節、内臓がおかされる膠原病で、20〜40歳代の女性に多くみられます。発熱、全身倦怠感などの症状とともに、関節炎や日光過敏症、脱毛なども現れます。また、鼻から頬にかけて蝶が羽を広げたような蝶形紅斑がみられるのが特徴です。腎臓病や中枢神経障害が起きる重症例では予後はあまりよくありませんが、臓器障害がなく、通常の生活ができる軽症例もあります。

原因

自己免疫異常によって発症するとみられています。

治療法

免疫の働きを抑えるために、副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制薬を用います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter