副腎は左右の腎臓の上にある小さな臓器で、外側を皮質、内側を髄質といいます。副腎皮質からはコルチゾール(糖代謝の調節・抗炎症作用)、アルドステロン(ナトリム・カリウムの代謝調節・血圧上昇作用)、デヒドロエピアンドロステロン(性器の発育作用)などのホルモンが分泌されています。一方、副腎髄質からはカテコールアミン(血圧上昇作用)が分泌されています。

副腎に障害が起こると、それらのホルモンの分泌機能が低下し、さまざまな症状が現れます。特に副腎皮質が破壊され、生命維持にかかわるコルチゾールが欠乏すると、副腎不全を引き起こし、生命の危険にさらされることがあります。

副腎皮質機能低下症には、慢性的に発症するアジソン病と、急性期に発症する副腎クリーゼ(急性副腎不全)があります。

アジソン病

症状

なんらかの原因で副腎皮質組織が破壊され、コルチゾール、アルドステロン、デヒドロエピアンドロステロンのすべての分泌低下が慢性的に起こる病気です。

脱力感、疲労、低血圧のほか、食欲低下や腹痛などの症状もみられます。また、皮膚に色素沈着が生じるのが特徴で、日光の当たる岩塩や手の甲、まさつする部分や圧迫される部分に黒ずんだ斑点が現れます。女性では体毛が減少したり、無月経になることもあります。適切な治療を行わないと症状が悪化し、副腎クリーゼにおちいることがあります。

原因

結核菌の感染のほか、副腎組織に対する自己免疫異常、がんの転移などが原因になります。

治療法

不足しているコルチゾールを補うため、コルチゾール作用のある糖質コルチコイドによる補充療法を生涯続けます。

コルチゾールはストレスが高まったときに多く分泌されるホルモン(ストレスに対抗するホルモン)であるため、補充療法中に手術や感染などの身体的ストレスが加わる状況になった場合は、用量を増やすことも必要です。

副腎クリーゼ(急性副腎不全)

症状

左右の副腎が急激に破壊されたりして、すべての副腎皮質ホルモンが欠乏する状態です。

初期には倦怠感や腹痛などの症状がありますが、放置すると急速に悪化し、脱水による血圧低下や低血糖による意識障害のために、生命の危険もあります。

原因

アジソン病のある人に感染や心労、手術などによる過度なストレスが加わると、発症しやすくなります。また、副腎皮質ステロイド薬を服用している人が使用を中止すると、離脱症状として現れることもあります。

治療法

症状は急激に起こり、急速に悪化するため、緊急の処置が必要です。即効性糖質コルチコイドの服用と、ブドウ糖、電解質の輸液を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter