症状

口内がうるおわず、ネバネバした感じが消えません。不快感だけではなく、味覚異常が生じたり、口臭が強くなります。舌の感覚も鈍くなり、うまく話せなくなることがあります。

乾燥が進むと、口内の粘膜が傷つきやすくなり、ピリピリするような痛みも感じるようになります。

原因

加齢、唾液腺疾患、薬の副作用、口腔周囲への放射線治療、シューグレン症候群などの全身疾患、ストレスや緊張、口を開けて寝る習慣などによって、口腔内の唾液分泌が減り、乾燥しやすくなります。

治療法

全身的な疾患が原因の場合は、その治療が優先されます。人工唾液を用いたり、うがいを頻繁に行うなどの対処療法も有効です。