症状

栄養分が消化管から吸収されなくなる傷害の総称です。主な症状は、体重減少、下痢、栄養失調などです。

たとえば、小腸の膜上にあるラクターゼ(乳糖の分解酵素)が欠乏すると、乳糖が分解・吸収できなくなり(乳糖不耐症)、腹痛や下痢を起こすようになります。

原因

腸管切除術後に起きる腸管の炎症、寄生虫の感染、腸管運動の異常亢進、腸内細菌の異常増殖など、さまざまな原因が考えられます。また、肝臓や膵臓の病気が原因になることもあります。

治療法

原因疾患がある場合は、その治療を行うことで症状も改善します。病気が関与していないケースでは、十分な栄養を摂取して、下痢を抑えるために、高エネルギー・低脂肪の食事をとることが有効です。

乳糖不耐症の場合は、牛乳や乳製品の摂取を制限します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter