症状

食べ物の味がわからない状態です。逆に、何も食べていないのに、口の中に味(苦味や甘味など)を感じるケースもあります。

原因

加齢とともに味覚が鈍くなる傾向があります。それ以外に、薬剤によって生じる薬剤性味覚障害、食事内容が偏ることで起きる亜鉛欠乏性味覚障害、原因を特定できない特発性味覚障害などが知られています。

頭部の外傷や口内炎、口腔乾燥症、顔面神経麻痺などが原因になることもあります。

治療法

特定の疾患によって起きたものは、その病気を治療することで多くは改善しますが、特発性は難治です。

内服薬としては、亜鉛剤も有効です。薬剤性で生じたものは、その薬剤を中止して様子をみます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter