症状

月経不順や過多月経、無月経などの月経異常が起こります。また、毛深くなったり、太ってくることもあります。

原因

卵巣の中ではたくさん卵胞が発育しますが、卵胞の機能が衰えて排卵しにくくなり、そのために月経異常が引き起こされるものです。

また、卵巣ではアンドロゲンという男性ホルモンが分泌されますが、それが過剰になり、相対的に女性ホルモンのエストロゲンが減少し、多毛などの男性的な反応が現れると考えられています。

治療法

年齢や症状の程度、妊娠を希望するか否かなどの条件を考慮したうえで、治療法が選択されます。

未婚者や妊娠を望まない場合は、プロゲステロンを内服する方法があります。

将来子どもを産みたいという場合は、排卵を促す薬やホルモン剤を使うことがあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter