症状

分娩後に起こる産褥性子宮内膜炎では、炎症が重くなると悪寒をともなって高熱が出ます。不正性器出血もみられ、子宮のあたりに圧痛を感じます。

非産褥性子宮内膜炎は、うみのようなおりものが増え、下腹部に不快感を覚えます。

原因

子宮の内腔をおおっている子宮内膜に、細菌が感染して炎症を起こす病気です。

原因菌は、大腸菌やブドウ球菌のほか、淋菌、クラミジアなどの性感染症によるものもあります。

治療法

流産や分娩後に残留物がある場合は、それを搔爬して内部をきれいにし、うみがたまっているときは排膿します。

いずれの場合も、殺菌するために抗菌薬を服用します。