症状

子宮内膜に似た組織が、子宮の筋層組織にできる内性子宮内膜症と、卵巣など子宮以外にできる外性子宮内膜症があります。

月経時には、重い月経痛があり、過多月経の症状をともなうこともあります。

卵巣に異常な内膜ができると、月経時にそこから月経と同じように出血します。しかし、正常な内膜からの出血と違って体外に排出されないため、組織に血液がたまります。その血液はチョコレートのように変化し膿疱になります。これをチョコレート膿疱と呼び、卵巣嚢腫の1種とされています。

子宮の筋層や卵管などにできた異常な内膜は、しんこうすると骨盤内の臓器と癒着を起こしやすく、不妊の原因にもなります。

原因

詳細な原因は不明です。この病気にかかりやすいのは、卵胞ホルモンの分泌が盛んな年代で、閉経後には自然に治る場合が多いことから、卵胞細胞の過剰な分泌が誘因とみられています。

治療法

手術と薬物療法があり、年齢や症状を考慮して選択されます。

手術には、内膜症の病変部分のみ切除する保存的手術と、両方の卵巣を摘出する根治手術があります。重症の場合は、子宮も同時に摘出することがあります。

薬物療法では、病変部を縮小させる目的でホルモン剤が使われます。近年、経口避妊薬(低用量ピル)による治療法も取り入れられるようになりました。

妊娠を希望する場合は、保存的手術とホルモン療法が用いられますが、ホルモン剤の副作用が出るおそれもあるため、慎重な対応が必要です。