症状

心臓でできた大きな血栓が脳動脈に流れ込み、比較的太い血管を詰まらせるために起こります。

ほとんどの場合、突発的に起こるので、症状も急激に現われ、重くなりがちです。体の片側にまひや感覚障害がみられるほか、失語、失行などの症状を示したり、意識障害をともなうケースも少なくありません。

また、体には血管を詰まらせた血栓を溶かそうとする働きがあるため、発作から数日の間に血栓が溶けて、一気に血流が再開されることがあります。

しかし、血流が滞っていた部位はもろくなっているので、出血が生じ(出血性脳梗塞)、症状を悪化させることがあります。

原因

原因の約3分の2は、心臓の働きに異常が生じる、心房細動という心臓病です。心房細動では心臓内で血栓がつくられやすく、それがあるとき、血流に乗って脳動脈に運ばれ、血管をふさいでしまいます。

そのほか、急性心筋梗塞、差心房粘液腫などが原因になることもあります。

治療法

発作後3時間以内であれば血栓を溶かす血栓溶解薬を点滴注射し、血流を再開させる方法があります。ただし、この方法は出血性脳梗塞の危険があるため、一定の条件を満たしている場合のみ行われます。

通常は、血液を固まりにくくする抗凝固薬や、血栓をできにくくする抗血小板薬を用い、症状の悪化を防ぎます。同時に、脳のむくみを抑える治療も行われます。