症状

リンパ球ががん化し、リンパ管・リンパ節内で増殖する病気です。リンパ節のある頸部、脇の下、太もものつけ根などが腫れますが、通常は痛みはありません。

全身にがんが広がると発熱や体重減少、寝汗、倦怠感などの症状が現れてきます。

原因

一部のリンパ腫にはウイルス感染が認められていますが、発症のしくみは解明されていません。また、大半の悪性リンパ腫ではウイルスの関連はなく、原因は不明です。

治療法

悪性度や進行度により、放射線療法と化学療法を併用します。病変の部位によっては、腫瘍を摘出する外科療法が用いられる場合もあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter