症状

胃の粘膜に炎症が生じている状態をいいます。無症状のことが多いのですが、空腹時や夜間に起こる胸やけ、食後のむかつき、胃もたれ、食欲不振などの自覚症状があることもあります。

原因

胃の粘膜にある胃腺(胃酸を分泌する器官)が萎縮するために、炎症が起こりますが、胃腺の萎縮が起きる原因はわかっていません。患者の多くがヘリコバクター・ピロリ菌に感染していることから、その関与が疑われていますが、因果関係は証明されていません。

治療法

胃腺の萎縮を完治させる方法はなく、対処療法に尽きます。傷害された胃粘膜を保護するために、胃酸分泌抑制薬や胃粘膜保護薬を服用します。

胃もたれなどに対しては、胃の働きを促進する薬を用います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter