症状

慢性的な咳と痰(黄色または緑色)の症状に加え、血痰(血の混じった痰)や喀血(咳とともに吐血すること)がみられることもあります。

原因

気管支の一部が拡張し、そこに分泌液がたまり、炎症を起こすものです。気管支拡張の原因には、生まれつきの異常、幼少時にかかった肺炎や百日咳などの後遺症、副鼻腔気管支症候群から進行するものがあります。

治療法

抗菌薬のエリスロマイシンを少量ずつ長期間服用することで、症状の改善がみられます。これと併せて、気管支内に、できるだけ痰をためないようにする治療が行われます。去痰薬を用いるほか、痰が出やすく成る体位をとる体位ドレナージや、胸部を軽くたたき、振動を与えて痰を出しやすくする胸部叩打法などの理学療法も行います。血痰や喀血があるときは、止血薬も併用します。