症状

首、肩、腕、腹、大腿など、体の中心に近い骨格筋が炎症を起こし、筋力が低下する病気(多発性筋炎)に、皮膚症状(まぶたにできる紫紅色の皮疹や関節の裏側にできる皮がむけた思考食の皮疹)をともないます。ほかの自己免疫疾患と合併するケースが多く、血管に炎症や変性が起きる病態や、悪性腫瘍を合併する症例もあります。

原因

患者に自己抗体がみられることから、自己免疫疾患のひとつと考えられていますが、発症のしくみは解明されていません。

治療法

初期に大量のステロイド薬を服用し、以後少しずつ用量を減らしていく方法が有効です。

改善しないときは、免疫抑制薬を使用します。