症状

直腸の粘膜が炎症を起こす病気です。粘血便(血液の混じった粘液のついた便)や血便がみられ、排便の回数が多くなります。感染症が原因の場合は、直腸や肛門に激しい痛みを感じることがあります。

原因

潰瘍性大腸炎やクローン病のほか、細菌やウイルスの感染、放射線療法、抗生物質の服用などが原因になることがあります。

治療法

抗炎症薬やステロイド薬による薬物療法が主体になります。細菌感染の場合は抗菌薬を用います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter