症状

中耳炎のなかで、最も注意が必要な病気です。血膿を含んだ耳だれ、難聴、耳の強い痛みがあります。中耳の奥の壁が壊れて内耳に及ぶと、めまいが起こるようになります。また、中耳腔の骨の上には脳・髄膜があるので、進行すると骨を破壊し、髄膜炎になることもあります。髄膜炎を起こしかけると激しい頭痛が起こります。

原因

鼓膜の一部が中耳腔側に引っ込み、その中に鼓膜の皮膚のかすがたまって、巾着状の大きな固まりになります。この固まりは、感染が起こるたびに大きくなり、耳小骨だけでなく、中耳のまわりの骨を破壊していきます。

治療法

自然に消失することはありません。手術で真珠腫をすべて切除します。程度によっては感染を抑えてから手術をしますが、重篤な症状が現れたときは、緊急手術が必要になります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter