症状

一晩の睡眠中に10秒間以上の無呼吸状態が30回以上起こるか、睡眠1時間中に無呼吸数あるいは低呼吸数が5回以上起こる場合をいいます。とくに肥満の男性に多く、睡眠時に大きないびきをかくのが特徴です。

熟睡できないために日中強い眠気におそわれたり、抑うつ症状におちいることがあります。

重度のケースでは、車の運転中に居眠りをして、重大な事故を引き起こした例もあります。

原因

肥満などが原因で、睡眠中にのどや舌下部の筋肉がゆるんで垂れ下がり、気道をふさぐために呼吸ができなくなってしまうものです。

治療法

症状が軽〜中等度の場合は、口にはめ込むと気道が広がるしくみのマウスピースを就寝時に装着し、気道の通りをよくします。

中等度から重度の場合は、頭に固定するタイプの鼻マスクを用いて、気道内に空気を送り、上気道の閉塞を防ぐ治療(シーパップ)をします。