症状

糖尿病の合併症のひとつで、高血糖状態が持続するために、腎臓の血液濾過機能が低下し、老廃物が血液中にたまる病気です。

初期は無症状ですが、やがてむくみや高血圧、たんぱく尿がみられるようになり、さらに進行すると尿毒症を起こします。

原因

慢性的な高血糖(血糖コントロール不良状態)が原因で、腎臓の糸球体の毛細血管がおかされて発症します。

治療法

糖尿病の早期から血糖コントロールを適切に行うことで、腎症の発症を防ぐことができます。また、発症後も食事療法(低たんぱく食)を中心に、血糖値や血圧のコントロールを厳密に行えば、症状の進行を抑制できます。高血圧の場合は減塩食にし、必要に応じて降圧薬を用います。

尿毒症に至ると、人工透析が必要になります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter