症状

病原菌に感染後、1週間ほどの潜伏期間を経て、突然目が真っ赤に充血します。まぶた全体にも腫れがみられます。

原因

細菌性結膜炎は、肺炎球菌、コッホウィークス菌、淋菌などに接触感染したことで起こります。妊婦が淋病の保菌者の場合、分娩時に赤ちゃんの目に感染して発生することがあります。

はやり目の原因菌は、かぜのウイルスのひとつである、アデノウイルスです。

治療法

角膜炎を防ぐための副腎皮質ステロイド薬、混合感染を防ぐための抗菌薬の点眼薬などを使用します。アデノウイルスに対して直接的な効果を示す薬は、今のところありません。

感染がわかったら、タオルやハンカチ、洗面器など、日常使うものをほかの人と共用しないようにします。目を触るのもよくないのですが、触れてしまったときは手を十分洗います。ふだん、よくさわる家具類などは、アルコール消毒するほうがよいでしょう。

園児や学童は、治るまで登園・登校できません。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter