症状

視力が低下し、ものがゆがんで見えたり、中心部が暗く見えたりします。進行すると、中心部はまったく見えなくなります。50歳以上の中高齢者によくみられる病気です。

原因

網膜の中央にある黄斑部の、視細胞が機能低下を起こすものです。萎縮型と血管新生型に大別できます。

症例として多いのは萎縮型で、このタイプは、網膜色素上皮細胞が衰えて萎縮し、さらに老廃物がたまってその部分を傷めることで生じるものです。

血管新生型は、脈絡膜から発生した余分な血管(新生血管)が、網膜の下で出血し、浮腫などを起こすもので、重い視力障害の原因になります。

治療法

眼底検査をして病気のタイプを特定します。ただし、萎縮型には決定的な治療法がないのが現状です。

血管新生型の場合は、新生血管をレーザー光線で焼く光凝固法が行われることがあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter