症状

肝細胞が働かなくなり、肝機能が維持できなくなった状態です。肝疾患が悪化して徐々に肝機能が低下する慢性肝不全と、急激な肝細胞の壊死によって発症する急性肝不全があります。

肝性脳症や黄疸、腹水、消化管出血、腎機能障害などが起こります。

原因

慢性肝不全は肝硬変や肝臓がん、急性不全は主に劇症肝炎から移行します。

治療法

絶対安静のうえ、対処療法が行われます。肝細胞壊死を抑えるためのステロイド薬、ウイルス性肝炎が原因の場合はインターフェロンや抗ウイルス薬が用いられます。血液中の有害物質を除去するために、人工肝補助療法(血漿交換および血液濾過透析)な必要になる場合もあります。