症状

肺の血管内の血液量が増え、流れが滞った状態を肺うっ血といいます。肺うっ血が進むと、血液中の水分が血管外にもれ出し、肺胞の中にたまります。この状態を肺水腫といいます。肺水腫を起こすと、突然息苦しくなり、呼吸回数が増え、胸痛や咳が起こり、ピンク色の泡状の痰が出ます。

原因

肺から血液が送り込まれる心臓の左心房に異常(心臓弁膜症や心筋梗塞など)が起こり、肺静脈の血流が滞って発症します。

治療法

原因となる心臓病の治療を優先的に行います。心臓の機能を回復するための強心薬や、肺に溜まった水分の排出を促すための利尿薬が使われます。絶対安静が必要で、症状によって酸素吸入や痰の除去も行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter