症状

胆石症や胆嚢ポリープの治療のため、胆嚢摘出術を行ったあとに現れるさまざまな症状の総称です。

腹痛や黄疸、発熱などのほか、吐き気や腹部の張り、便秘や下痢などが起こることもあります。

原因

手術後、胆管内に結石が残っていたり胆管が細くなったりして症状が現れることもありますが、原因不明の場合もあります。

治療法

結石が残っている場合は除去し、強度の胆管狭窄がある場合は手術をして拡張します。原因不明のものはそれぞれの症状に対する薬物療法を行います。