症状

肺の表面を覆う胸膜は薄い2枚の膜から成り、膜塗膜の隙間(胸膜腔)には、普段でもわずかな水(体液)がたまっています。胸膜に炎症が起こると、水がどんどん増えて、発熱や胸痛、咳、息切れなどが起こってきます。増えた水を胸水と呼んでいますが、胸水が多くなると、呼吸困難をきたすこともあります。

原因

肺炎、肺結核、肺がんなどをすでに発病しており、腫瘍や炎症が胸膜を刺激することで起こる続発性の病気です。

肺疾患だけでなく、肝硬変、心不全、石綿(アスベスト)など、胸膜を刺激するものによって起こることもあります。

治療法

胸水の原因をくわしく調べたうえで、胸水が多く、呼吸困難などがある場合は、胸に細いチューブを差し込んで胸水を抜きます(胸腔ドレナージ)。

がんに続いて起こった胸膜炎で、再発率が高い場合は、胸水を抜いたあと、2枚の胸膜を癒着させる手術を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter