症状

血液中の脂肪(中性脂肪やコレステロールなど)が異常になった場合をいいます。

自覚症状はなく、健診時の血液検査によって脂質の異常値が明らかになるケースがほとんどです。

日本動脈硬化学会が示している基準では、血中LDL(悪玉)コレステロールが140mg/dl以上、あるいは血中中性脂肪が150mg/dl以上あるいは、血中HDL(善玉)コレステロールが40mg/dl未満の場合を脂質異常症と診断します。また総コレステロールが220mg/dl以上も該当します。

このような状態が慢性化すると、血管に脂肪が沈着しやすくなり、動脈硬化を促進させます。

また、遺伝的にコレステロール値の高い家族性高コレステロール血症の場合は、乳幼児期からコレステロールが血管壁にたまり、動脈硬化が進行しやすく、若い頃から心筋梗塞などの虚血性疾患を起こす可能性があります。

原因

家族性高コレステロール血症は遺伝します。そのほかの脂質異常症には、エネルギーの過剰摂取、脂質の多い食事、運動不足などの生活習慣が関与しています。

また、糖尿病や脂肪肝、痛風、甲状腺機能低下症などがあると、脂質異常症が促進されます。

治療法

基本になるのは食事療法です。総コレステロール値またはLDLコレステロール値が高い人は脂肪摂取量を減らし、脂肪の吸収を抑える食物繊維をとる必要があります。HDLコレステロールが少なくて喫煙習慣のある人は、たばこを控えるようにします。運動を心がけることも大切です。

中性脂肪が高い人は、飲酒量を減らし、脂肪を燃焼させて筋肉に換えるために適度な運動が欠かせません。

ただし、家族性高コレステロール血症の場合は、食事療法では効果が得られないので、コレステロール降下薬を用います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter