症状

咳やくしゃみをしたり、重いものを持ったり笑ったりしたときなど、おなかに力が入る動作をしたときに、自分の医師に関係なく尿がもれてしまいます。中高年の女性に特有の尿失禁です。

原因

骨盤底筋が弛緩して、排尿をコントロールする力が弱くなって起こります。女性は男性に比べて尿をとどめる尿道括約筋が弱く、出産などで骨盤底筋が弱くなりやすいので、腹圧性尿失禁を起こす確率が高くなります。

治療法

まず、パッドテスト(失禁定量テスト)によって重症度を判定します。軽度か中等度の場合は、交感神経刺激薬による薬物療法と併せて、骨盤底筋を強化する体操を行います。

重度の場合(運動を負荷した1時間での尿漏れが10ミリリットル以上)は、啓蟄膀胱頸部吊り上げ術などの手術が有効です。開腹することなく尿道を固定する方法で、これによって症状が消失するか軽減します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter