症状

鎮痛薬などの仕様によって腸の粘膜にびらんや潰瘍ができ、下痢や下血、慢性的な貧血、腹痛などがみられるものです。

そのほか、抗菌薬を服用したことで腸内細菌が殺され、別の病原菌が住み着いて、急性腸炎を発症する場合もあります。

原因

非ステロイド系消炎鎮痛薬や、抗菌薬の使用が原因になります。

治療法

原因になる薬の使用を中止すれば、大半は自然によくなります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter