症状

視力が急激に落ち、とくに、視野の中心部が見えにくくなります。目の奥の痛みを感じたり、色の識別がしにくいという症状もあります。ただし、片目の場合は、残ったほうの目でほとんどのものが見えてしまうので、視力低下が始まっていることに気付かないこともあります。

原因

特発性視神経炎といって、原因不明のものが約半数を占めます。そのほかは、多発性硬化症の一症状として現れるもの、副鼻腔や眼窩の炎症から波及するもの、メチルアルコールや鉛中毒によるものなどがあります。

治療法

明らかな原因疾患があればその治療を行い、そのほかは、安静と保存療法を行うことでかなり回復します。重症の場合は、副腎皮質ステロイド薬とビタミンB1、ビタミンB2を大量に使用します。この方法はステロイドの副作用もあるので、医師の指示に従うことが大切です。