症状

10代後半から30代の女性に多い病気です。全身の筋肉に力が入らず、疲れやすくなり、こうした全身症状は夕方にかけて悪化する傾向があります。

まれに、筋肉の脱力が急激に悪化し、呼吸もできなくなる症状(クリーゼ)が起こることもあり、注意を要します。

このような全身型に対して、目の筋肉に異常が生じて、複視(ものが二重に見えること)や、眼瞼下垂(まぶたが下がる症状)が起こる眼筋型があります。

原因

末梢神経が筋肉に接合する部分(神経筋接合部)に異常が生じて、脳からの知れが筋肉にうまく伝わらなくなることで発症します。

末梢神経の末端からはアセチルコリンという神経伝達物質が放出され、これを筋肉側が受け取ることで指令が伝達されます。

ところが、なんらかの原因で、この受取り口(受容体)を「異物」とみなす免疫作用が働き、受容体を攻撃し、破壊してしまうのです。その結果、アセチルコリンが受け取れなくなり、筋肉を動かすことができなくなります。

自己免疫異常の原因は不明ですが、胸腺(心臓の前あるリンパ性器官)の異常が関与していると考えられます。

治療法

根本的な原因となっている免疫異常を改善するためには、発症から1〜2年以内に、胸腺摘出手術を行うのが最も有効です。

手術後は、免疫抑制作用のある副腎皮質ステロイド薬の服用や、血漿交換(血液を体外循環させ、免疫反応を起こす物質を除去してから体内に戻す方法)を行います。

アセチルコリンの働きを強める作用のある薬(コリンエステラーゼ阻害薬)は軽症例では中心的に用いますが、中等度以上では、他の薬と併用します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter