症状

発熱、下腹部痛、吐き気などが起こります。悪化すると、卵管や卵巣、子宮と腸管などが癒着して、その隙間に膿瘍ができることがあります。

触診をすると、腹壁が緊張して固くなるのがわかります。また、骨盤腹膜炎の起こったV2近いほど圧痛を感じます。

子宮や卵巣の圧痛、腫瘤やしこりをともなうこともあります。

原因

子宮付属器炎(卵管炎、卵巣炎)が悪化して、炎症が骨盤腹膜にまで広がってしまった状態です。性感染症や流産、分娩後に子宮内膜炎を起こしたあとは、卵管炎や卵巣炎になりやすく、それが波及することもあります。

治療法

入院して抗菌薬で治療します。それで軽快しない場合は、膿瘍を切除する手術を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter