症状

腹部内蔵の一部が腹膜におおわれたまま腹壁の間から外側に飛び出すことをヘルニア(外ヘルニア)といいます。外ヘルニアのうちで最も多いのが、鼠径部(大腿つけ根の内側部分)に腸の一部が脱出する鼠径ヘルニアです。小児に多い先天性のものと、成人後にみられる後天性のものがあります。

鼠径部に膨らみ(脱腸)ができ、鈍痛を覚えます。飛び出した腸がもとの戻らないと腸が締めつけられ、血流障害が生じて(嵌頓ヘルニア)、腸管の一部が壊死し、激しい腹痛や嘔吐を起こすことがあります。

原因

先天性の場合は、生まれつき鼠径部近くの腹壁に弱い部分があるために発症します。

後天性の場合は、加齢や手術の傷で腹壁が弱くなった部分に起こり、妊娠や咳込み、力仕事などによる腹圧の上昇が関与します。

治療法

自然に治ることはないので、完治させるためには手術が必要です。子どもの場合はできるだけ早く手術を行います。

手術では、ヘルニアを腹腔内に戻入れ、脱出口を閉鎖したうえで、腹壁の弱い部分をポリプロピレンのメッシュで補強します。