症状

副腎皮質ホルモンの一種であるコルチゾールの分泌が過剰になる病気です。

顔が丸くふくらみ(満月様顔貌)、手足に比べて体幹が太り(中心性肥満)、毛細血管が拡張して皮膚が赤らんできます。また、筋肉が萎縮して筋力が低下し、骨ももろくなり、骨折しやすくなります。そのほか、うつなどの精神症状や、高血圧、糖尿病を合併することもあります。

原因

脳の下垂体に腫瘍ができて、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌され、副腎が異常に大きくなって、コルチゾールの分泌量も増えてきます。

また、副腎にできた腫瘍のために、コルチゾールが過剰分泌するケースもあります。

治療法

下垂体の腫瘍を取り除く手術を行います。この手術は、鼻から内視鏡を挿入し、鼻の奥の骨を除去して腫瘍を摘出するものです。腫瘍摘出後は、下垂体機能が一時的に低下し、コルチゾールが不足状態になるので、糖質コルチコイドなどで補います。

副腎の腫瘍が原因の場合も、腫瘍の摘出手術を行い、その後、一時的に低下する副腎機能を補うために糖質コルチコイドを服用します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter