症状

膣の入り口にあるバルトリン腺の開口部から細菌感染し、小陰唇や大陰唇に発赤、腫脹をともなうのがバルトリン腺炎です。

炎症が落ち着いても、開口部が詰まってしまうと、内部に分泌液がたまって膿疱が形成されます。小陰唇の内側にしこりが生じますが、この段階では痛みはあまりありません。

二次感染などで内容液が膿性になると、全体に圧痛を感じ、歩行も困難になります。これをバルトリン腺膿瘍といいます。

原因

ブドウ球菌や大腸菌、淋菌などが原因になります。

対処法

病原菌を特定し、その細菌に作用する抗菌薬を用います。腫瘍ができた場合は、抗菌薬を使うとともに、腫瘍を切開して排膿させます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter