症状

片目だけ視力が低下し、中心部が見えにくい、見ようとするところが暗く見える、ものが小さく見える、ゆがんで見えるなどの症状が起こります。中高年の男性に多い病気です。

原因

網膜の中心にある黄斑部がむくんで腫れるものです。むくみの原因は、脈絡膜から血漿の一部がもれてしまうことです。なぜこのような現象が起きるかははっきりしていませんが、過度のストレスも一要因と考えられています。

治療法

蛍光眼底造影検査で血漿のもれを確認します。この病気であることが診断できたら、薬物治療や、血漿もれのある部分にレーザー光線を当てる凝固治療を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter