症状

カルシウムの血中濃度が、著しく低下した状態です。体内のカルシウムの99%は骨に蓄えられており、必要に応じて血液中に供給されますが、骨からの供給が滞ったり、尿中に多く排泄されてしまうと、血中濃度が低下します。カルシウムは骨や歯の形成、筋肉の収縮、血液凝固、心臓の洞調律の維持などに不可欠です。カルシウムの不足状態が続くと中枢神経に影響が及び、手足のしびれや錯乱、意識混濁、けいれん、不整脈などが起こります。

原因

カルシウム濃度は、副甲状腺ホルモンが調整していますから、副甲状腺機能低下症になると起きやすくなります。また、低マグネシウム血症、ビタミンD欠乏症、腎機能障害なども原因になります。

治療法

急性の低カルシウム血症の場合は、カルシウム塩の注射療法を行い、慢性の場合は、カルシウム剤やビタミンD剤などの飲み薬で治します。原因疾患がある場合は、その治療を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter