症状

血糖値は通常、60〜160mg/dlに保たれていますが、なんらかの原因で、50mg/dl以下になり、特有の神経症状が現れた状態をいいます。

脱力感、発汗、動悸、ふるえなどの交感神経症状が現れるほか、著しい低血糖状態におちいると、意識が低下し、昏睡に至ることもあります。

原因

最もよくみられるのは、糖尿病患者に投与されたインスリンや経口血糖降下薬による作用です。時間どおりに食事をとらなかったり、激しい運動をしたりすると、薬が効きすぎて発症することがあります。糖尿病以外では、過量の飲酒や下垂体・副腎の機能低下などが関与します。

治療法

発症したら、すぐにブドウ糖またはブドウ糖を含む清涼飲料水(200ミリリットル)、またはショ糖を含む飲み物(缶コーヒー1缶)を飲みます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter