症状

高齢者や重い基礎疾患のある人が、抗菌薬の服用がきっかけで起こる薬剤性腸炎の一種です。大腸の粘膜に黄白色の偽膜ができ、下痢、腹痛、発熱、嘔吐、血便などの症状がみられます。

原因

抗菌薬の使用によって腸内細菌が殺され、別の病原菌が住み着いて、毒素を放出するために腸炎が起こります。

治療法

使用中の抗菌薬の服用を中止し、新たに住み着いた細菌に効果のあるバンコマイシンを使用します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter