症状

初期は無症状ですから、血液のPSA(腫瘍マーカー)検査による早期発見が望まれます。

しだいに尿に勢いがなくなって時間がかかり、頻尿や排尿時の痛みなど、前立腺肥大症とよく似た自覚症状が現れます。進行すると急に尿が出なくなったり(尿閉)、目で見て分かる血尿が出たりします。

原因

前立腺の領域のうち、尿道に対して外側に悪性の腫瘍性病変が発生する病気で、男性ホルモンによってがんの成長が促進されます。50歳以上の男性に多くみられ、老化も大きな要因になります。

治療法

手術療法、内分泌療法、放射線療法などが有効です。病態によって、どの治療を選択するかを決定します。

年齢が70歳以下で、初期であれば、前立腺の全摘出手術が多くなっています。術後は受精は不可能ですが、再発を高い確率で防ぐことができます。放射線治療も手術療法と同じ程度の再発防止効果があります。

手術不適応や高齢者、進行例では放射線療法や男性ホルモンに対抗する治療薬を使った内分泌療法などが行われます。これらの治療で効果がない場合は、抗悪性腫瘍薬による化学療法も行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter