症状

ゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴があり、痰のからんだ湿った咳が8週間以上続き、のどの違和感や微熱をともなうこともあります。併せて、鼻水や鼻づまりなど、副鼻腔炎(鼻腔の周囲にある空洞に炎症が起こる病気)の症状がみられるのが特徴です。

原因

副鼻腔炎が慢性化し、気道の炎症を誘発することで生じるとみられています。副鼻腔から気道、気管支に至る粘膜はつながっており、1ヶ所で炎症が起こると連鎖的に飛び火しやすくなるのです。

治療法

エリスロマイシンという抗菌薬の服用が有効です。これは細菌を攻撃する薬ですが、気管支の分泌液を抑え、気管支・呼吸細気管支の炎症や副鼻腔の症状を改善する作用があります。痰がからむときは去痰薬を用います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter