症状

思春期を過ぎると陰茎は著しく発育して、包皮は自然に反転して亀頭がつねに露出するようになります。成長しても亀頭が包皮におおわれて露出しない状態を包茎といいます。

包茎には、仮性包茎と真性包茎があります。仮性包茎の場合は、勃起時や包皮を手で押し下げると亀頭が露出しますが、真性包茎の場合は勃起時でも亀頭は露出しません。勃起時に痛みを感じることがあります。

どちらも、無理に包皮を反転させると亀頭がうっ血して赤紫色に腫れ、激しい痛みを感じます。これを嵌頓包茎といいます。

原因

仮性包茎は、包皮が過剰なために起こるものですが、包皮輪(包皮の口径)が広いので、亀頭を露出させることができます。

真性包茎は、包皮輪が線維化して狭くなっているもので、多くは先天性と考えられています。

治療法

乳幼児期の包茎は、真性でなければ成長につれて自然に治るので、治療は必要ありません。包皮と亀頭に強い癒着がある場合は剥離を行うことがあります。

思春期前後からの真性包茎は、手術が必要です。包皮の背面切開術か感情切開術が主で、局所麻酔でてきます。仮性包茎は、基本的に性交に支障がなければ手術の必要はありませんが、嵌頓包茎を起こすおそれがある場合は手術を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter