症状

十二指腸の粘膜に潰瘍が生じる病気です。十二指腸の壁は、胃壁に比べて筋層が薄いため、潰瘍が深く進行しやすく、出血や穿孔が起こりやすくなります。

主に空腹時に胃部の痛みを感じるほか、潰瘍部分の出血によって吐血や黒色便がみられることもあります。また、穿孔が起きると、突発的な激しい腹痛が生じます。潰瘍の治癒と再発を繰り返すと、傷痕が変形し、狭窄を起こしやすくなります。狭窄が起きると、飲食物が通りにくくなり、嘔吐などの症状が現れます。

原因

胃潰瘍と同じで、粘膜を攻撃する物質を保護する物質のバランスが崩れて発症します。

これにはストレスが関与しているほか、ヘリコバクター・ピロリ菌との関係も指摘されています。

治療法

胃酸分泌抑制薬などの薬物による治療を行います。再発予防にはピロリ菌除菌療法が有効です。潰瘍から出血している場合は、内視鏡下で止血を行います。

穿孔、狭窄を併発している場合は、手術が必要になることもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter