症状

初期にはほとんど症状がありません。腫瘍が増大するにつれて、下腹部にしこりや圧迫感が生じてきます。また、大きくなった腫瘍に膀胱が圧迫されるため、頻尿になることもあります。

ほかの部位に転移してから腹水や胸水がたまり、それによって病気がわかることもあります。

原因

直接的な原因はわかりませんが、遺伝亭な背景も考えられています。

治療法

超音波、CT、MRI検査で大きさや病変の広がり方を知ることができます。

手術は、がんの状態によって異なります。腫瘍のできた卵巣と卵管の摘出、両側の卵巣と卵管の摘出、子宮を含めて摘出するなど、いくつかの方法があります。

さらに、大網という脂肪組織や後腹膜リンパ節を切除することもあります。転移している場合は、さらに抗悪性腫瘍薬が必要になります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter