症状

腹部の不快感や張り、水っぽいおりものや血液混じりのおりものが出ることがあります。

原因

卵管にがんが発生する確率はきわめて低く、卵管がんの99%は、ほかの臓器のがんが転移したものです。

治療法

卵管がんの治療と同様です。卵管の腫瘍だけでなく、子宮と卵巣やリンパ節、周辺組織を含めての切除が必要です。

進行例では、術後に抗悪性腫瘍薬での治療を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter